FC2ブログ

    埼玉&栃木☆個人風俗店
      ニューハーフヘルス☆レディー舞の寝室

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    【必読】お問い合わせについて

      (拍手よろしくお願いしますm(__)m )

     

    さて最初に
    「舞のブログはしっかりと読まないと損ですよ!」
    とだけお伝えしておきます



    ”男性スタッフではありません。電話メールをされる前に読んでね^^;”
    ”ご予約・お問い合わせされる方は、下記をぜひお読みくださいませ。”


    電話」・「メール」ボタンをクリック、タップした場合に、このページが開くようにしてみました。お手数でも、ぜひお読みくださいませ^^。

    システムページへのリンクは、この記事の最後にあります。

    埼玉&栃木ニューハーフヘルス・レディー舞の寝室

    必読です!

    こんにちは。舞です。

    ブログ、ホームページに舞直通の「電話する」ボタンを設置しております。


    初めての方は、きっと女性のような声を期待想像して電話をされる方も多いかと思います。

    でもね、電話口から聞こえてくるのは、、、、男性の声。

    ほんとに舞さんなの?って思われる方もいらっしゃるようです。

    ほんとに私なんです。

    はい^^;
    埼玉&栃木ニューハーフヘルス・レディー舞の寝室

    自分で言うのも・・・・・ですが・・・・・こんな顔してね・・・・・声とのギャップに・・・・・驚かれるかもしれません。

    でも、すみません、出来るだけ自然体でいたい私は声を作ったりしません。

    私的には、他の女装さんやニューハーフさんの作った女声、喋りにとても違和感を覚えるんですね。

    だから私は素のままでお喋りします。

    ただ声は低く男性のような声ですが、喋り方はふつうにおっとりした女性のような感じです。

    声だけだと戸惑う方もたまにいらっしゃいますけど、実際にお会いすると全然違和感ないと言われます。

    ということで、電話口に出るのは男性スタッフではなく舞ちゃんですので、

    くれぐれもびっくりして電話を切ってしまうことのないようにお願いしますね。

    次にメールでのお問い合わせについてです

    私はキャリアアドレス(携帯メールアドレス)を持っておりません。

    ※キャリアアドレスというのは、@の後の部分が
    docomo.ne.jp
    ezweb.ne.jp
    i.softbank.ne.jp
    などのアドレスのことです

    わかる人には、これでわかると思いますが・・・・

    つまり

    キャリアアドレスからお問い合わせされる場合は

    問い合わせ先のアドレス

    nh.ladymai@gmail.com

    をお客様のキャリアアドレスで受信できるように設定をお願いします


    お客様の方で上記アドレスを受信許可設定されていない場合は

    こちらからお返事を差し上げることが出来ません

    もし設定方法や意味がよくわからないという方はお電話でお問い合わせください

    お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします


    個人的には、特にスマホを利用されている方でしたら、gmailやyahooメールを使用されることをおススメしています

    それは、端末を買い換えたり、乗り換えした時に面倒がないからです

    その理由を書くことは話が長くなりますので控えますが、興味のある方はネットでググったりしてみてくださいね

    あとは舞のところへ遊びに来ていただければ説明いたします^^
    埼玉&栃木ニューハーフヘルス・レディー舞の寝室
    こんなプレーをして、さらに、

    PC、スマホ、インターネットなどのレクチャーもしております^^

    枕営業とは逆パターンな営業スタイルなのでございます

    埼玉&栃木ニューハーフヘルス・レディー舞の寝室

    男として生まれながらも人生途中で女になることを決意した私。そして選んだ仕事がニューハーフヘルスという風俗です。玉竿ありありホルモン注射のみのニューハーフ50歳でございます。東京でのヘルス店勤務も考えましたが、自分スタイルを貫きたく舞が個人で営業しております。どうぞよろしくお願いいたします。

    ニューハーフ風俗は初めてという方は、きっと不安で躊躇されている方も多いかと思います。そんな方のために書いているのが、このブログです。ぜひいろいろとお読みになって少しでも不安が解消されたら幸いでございます。

    ここまで読まれて、それでも舞と会ってみたい、舞とのプレイを堪能してみたいと思われた方は、まずは下記のシステムをご覧いただきシステム(コース・料金など)をしっかりとご確認されてからお問い合わせくださることを願っております。

    関連記事

    | 必読 | 19:12 | コメント:0| トラックバック:0| トップ↑

    COMMENT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://blog.nhmai.jp/tb.php/687-6592edb8

    TRACKBACK







    Facebookページにも「いいね!」してくださいね。よろしくお願いします。



    Google+ページもあります。こちらもフォローよろしくお願いします。


    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    Google+