FC2ブログ

    埼玉&栃木☆個人風俗店
      ニューハーフヘルス☆レディー舞の寝室

    ≫ EDIT

    料金に関する追加事項

      (拍手よろしくお願いしますm(__)m )
    料金についてのお知らせです。

     いろいろと考えましたが、料金について差別化をすることにいたしました。

     やはりこちらが提示するルールを守っていただける方とそうでない方を同一料金体系で対応することは不公平であると考え、以下のように対応させていただきますのでよろしくお願いいたします。

     (1)番号非通知での予約の場合 → 基本料金の他にプラス5000円を申し受けます。
     (2)HP等の料金システム確認なしでの予約問い合わせの場合 → 基本料金の他にプラス5000円を申し受けます。
     ※(1)(2)どちらも当てはまる場合は、基本料金の他にプラス10000円を申し受けます。

     ※※過去にご利用のある方に対しては、この料金を適用することはありませんのでご心配なく、またご利用をお待ちしております。


    IMG_4473.jpgIMG_4474.jpg

    | 料金・サービス内容 | 18:45 | コメント:0| トラックバック:0| トップ↑

    ≫ EDIT

    迷い立ち止まったとき

      (拍手よろしくお願いしますm(__)m )
    201409111408347cf.jpgIMG_4272.jpg

    必読です!

     昨年暮れ頃からプライベートでも仕事でも何かモヤモヤとした状態が続いていて、ひとつには何が目的なのかまったく意味不明なメールや心無いメッセージに悩まされ続けています。手を変え品を変え、どんなに説明を繰り返しても理解してもらえない。理解しようともしない。ほとほと疲れ果ててしまいました。特に精神的なダメージが大きく、何をするにも気が入らないのです。

     そんな中、昨夜はお泊りの仕事を終えてお昼前に小山に戻ってきました。ふらっと駅の本屋に立ち寄ってみたら一冊の本が目に飛び込んできました。

     ”生きるための知力をつける論語”

     迷わず手に取り、目を通してみました。

     冒頭にはこんなことが書かれていました。

    ーーーーーーーーー
    「論語」と聞くと、「説教くさい退屈な本」をイメージする人が多いと思います。学生時代にトライしたけれど、すぐに投げ出してしまった、という人も少なくないでしょう。
    ーーーーーーーーー

    (はいはい、私もそのひとりだわ)

    ーーーーーーーーーー
     「論語」は堅苦しい道徳を説いたり、世の中の秩序をとにかく守りなさいと主張した本のように誤解されがちです。しかし、孔子が伝えようとしたのは、決してそんなことではありません。「論語」の真の姿は、そのイメージよりもはるかに情熱的なのです。
     孔子はどんな権力者に対しても、妥協することなく、自分の「信念」を貫く人でした。そうして、言ったことは必ず「実行」しました。
     「不正を見て立ち上がらない人間は卑怯者だ」
     (義を見てせざるは勇なきなり)
     一人が自分の頭でしっかりと考え、自分が正しいを信じる信念を貫くことが、人間の価値のある生き方であり、そのことが世の中をよくしていく。孔子は常にそう考えていました。それ故に、世の中が乱れ、価値観が大きく変わっていく時代にこそ「論語」は盛んに読まれ、多くの人に行動の指針を与えてきたのです。
     孔子はまた、逆境と挫折の人生を送った人でした。そのため、挑戦に伴う苦労や、人間の弱さをよく知っていました。同時に、理想へ向かう情熱さえも失わなければ苦境を乗り越えられることを熟知していたようです。
     「信念を持って正しいことをしていれば、決して孤立することはない。必ずや同じ志を持った仲間が助けてくれる」
     (徳は孤ならず、必ず鄰あり)
     孔子の言葉は、壁に突き当たって落ち込んだときに、勇気と希望を与えてくれます。厳しい現実の中で語られた言葉だからこそ、経験を積んだ大人が読んだとき、リアリティを持って迫ってくるのです。
     思い通りにならない状況の中、信念を曲げず、自分の道を進むにはどうすべきか。一歩踏み出す原動力は何か。迷い立ち止まったとき、孔子の言葉が「同志」としてあなたを勇気づけてくれるに違いありません。
    ーーーーーーーーーー

    迷い立ち止まったとき

    まさに今の私がそのときを迎えてしまっています

    このところの私は、

    もういいかな〜 そろそろ人生に終止符を打とうかとさえ考えるようになっていました

    そんな思いで手にした本

    もちろん手にしたままレジへ行ったのは言うまでもありません

    この本は、論語という本がどのような本なのか、著者の孔子とはどんな人なのか、そして読み方をわかりやすく説明しています。

    それを踏まえた上で、各テーマ別に論語の内容を取り上げて現代語訳とその説明をしています。

    恐らくきちんと勉強している中学生であれば難なく読めるでしょう。

    少し読みました

    ほんとうに情熱的な内容です。孔子さんって熱いんですよ。

    読んでいると少しずつ元気が出てくるのがわかります。

    *****************
    「子曰く、徳は孤ならず。必ず鄰あり。」
    (信念を持って正しいことをしていれば、決して孤立すことはない。必ずや同じ志を持った仲間が集まってきて、君を助けてくれる。)

     自分の正しいと思うことを信じ続け、それを行動に移すことを、孔子は人生の第一主義としています。しかし、みんなからそう簡単に理解されないことを貫くと、周囲から孤立を招き、ときには仲間はずれにされてしまうこともあります。あなたはそんな経験をしたことがありませんか?
     そんなとき、「必ず鄰あり」という孔子の言葉は百万の勇気を与えてくれます。誰もが思っても口には出せない正論を言ったり、誰もが考えも及ばない新しいことを始めたりすると、必ず大きな壁が立ちふさがり、孤独を味わうことになります。
     しかし、信念を曲げずにやり通すうちに、いつしか同じ考えを持った仲間や賛同する人間が集まってくるものです。そして、その信念は現実となり、世界を変えていきます。
     論語の冒頭には、「朋、遠方より来るあり、また楽しからずや。人知らずして憤らず、また君子ならずや」という言葉があります。同じ志を持つ友が現れたときの喜びと、人に理解されなくても怨むことなく、自分を信じることの大切さが語られています。いつの時代も先駆者は孤立を恐れずに信念を貫いたのです。
     周囲の無理解にもかかわらずフェイスブックを立ち上げたマーク・ザッカーバーグや、自宅のガレージでコンピューターをつくり始めたスティーブ・ジョブズもそんな若者でした。
    ****************

     これからも信念を持って人生に向かっていこうと思います。

     この本を読み進めていくうちにあることを思いました。私の40年の恋、織田信長公、信長も論語を読んでいたかもしれないと。ちょっとネットで知らべてみました。すると、ある人が「織田信長と論語」というタイトルのブログを書いていました。論語を読んでいたという文献は見当たらないらしいのですが、各方面の第一任者と通じていた信長、歴史書を読む限り論語の影響を受けていたのではないかと結論付けていました。やはりそう感じるのですね。今度また太田牛一の「信長公記」を入念に読んでみることにしました。違った視点で信長像が発見できるかもしれません。

    最後に私の心に響いた孔子の言葉を
    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    「子曰く、詩に興り、礼に立ち、楽に成る」
    (人間の心は、詩を読んだり、つくったりすることによって心が揺り動かされ、礼儀を学んで実践することによって形づくられ、最終的には音楽を聴いたり奏でたりすることで完成するものだ)

    人間の感動する心は教養がはぐくみ、感動する心がなければ人間は完成しない。
    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


    | 必読 | 15:00 | コメント:0| トラックバック:0| トップ↑

    ≫ EDIT

    誠実さを売りにするということの思惑

      (拍手よろしくお願いしますm(__)m )
    必読です!

    NHK スーパープレゼンテーションを観ました。

    パメラ・メイヤー
    ウソを見抜く方法」


    欧米の人というのは、人前で話す訓練をしていることもあって、見入ってしまいますね。ほんとに人を惹きつける仕草、トークが上手だと思います。コミュニケーションは生きる術だと心得ている欧米に比べると日本人というのは、、、、、、。

    さて、このプレゼンテーションの内容ですが、ウソを見抜くノウハウ云々の話よりも、このプレゼンの終わりの方でパメラ・メイヤーが語っていることに深く感動しました。

    インターネットという伝達ツールが発達した今、本当に真実が見え難くなっています。そんな世界だからこそ今こそ人は誠実になるべきだというのです。みなが少しずつ誠実になれば世界も少しずつ変わっていくと。

    それは真実であると。

    匿名の時代は終わった、終わりにしなくちゃいけないと思ってます。顔を出し実名を出し責任を持って誠実に発信していく時代に突入したのではないかと考えています。

    誠実な世界に変えていきませんか?

    <-- 翻訳一部転記 -->
    ブログやSNSで 自分達の生活を公開することを選んだ 全く新しい世代の人々が噂話を公開しています 以前に比べて遙かに真実が見えにくくなった世界です 私たちに与えられた一つの課題は 過度な共有は正直さではないということを 覚えておくことです 熱狂的なツイートやテキストメッセージは さりげなく表される良識や高潔さが 常に大切であり これからも大切だということを 見失わせてしまいます 常に大切であり これからも大切だということを 見失わせてしまいます つまり この真実が見えなくなった世界で私たちに必要なのは つまり この真実が見えなくなった世界で私たちに必要なのは 今までよりもほんの少し 自分の道徳基準を明確に示すことです


    わたしがブログ・SNSなどで、ありのままをさらけている理由は、まさにこのことです。世界を変える一助になればと思います。

    個人でデリヘルを始めた頃にこんなことを書きました。
    舞は真面目で誠実が売り
    正直、舞は40代です。
    (※当時は40代後半、今50を超えてしまいましたけど)

    正直少しでも若くサバを読みたい年齢でしたが、こんな売り出し方をしたのには、パメラ・メイヤーと同じような思いがあったのです。2chなどの掲示板、様々SNS、風俗店のHPなどを観ていて、う〜んという感じでした。そして自分が出した答えは正直に誠実に自分をさらけ出すということだったのです。パメラの言われることが、私にはとてもよく理解できます。

    IMG_4220.jpgIMG_4106.jpg

    | 必読 | 00:04 | コメント:0| トラックバック:0| トップ↑

    ≫ EDIT

    非通知 ー 神経を疑う

      (拍手よろしくお願いしますm(__)m )


    必読です!

    非通知不可と書いてあっても、非通知でかけてくる

    出なければ何度も何度も

    仕方なく対応

    「非通知はお受けしていません」

    「オレは怪しいもんじゃないです。オレのことを信用してください。」

    ほんとにこの人 バカなの?って思う

    信用してくださいじゃないでしょ!

    そもそも この人が私のことを信用してないでしょ?!

    「信用して欲しい」と言葉にする人は信用できない

    自分に自信があって誠実な人は、そんなことを言葉にしない

    実に愚かなことであるかをわかっているから

    だから、そんな人 信用できるわけないでしょ?!

    それにブログもホームページも何も読んでないんですよね。この人。

    その時点で信用できない

    これだけ全身をありのままネットで晒して、心の内をさらけ出して、だからみんな信用して遊びに来てくれる。もちろん私もそれを狙っている。

    私のブログを読んで感じることができる人、そんな人に遊びに来て欲しい。

    どんなにテクニックを駆使したって感性のない人、心の醜い人、疑り深い人、そんな人を楽しませることは 出来ない。

    私のところに訪れるお客様は、おそらく今までに味わったことのない最高の快感を味わって帰る。

    それは私のテクニックが優れているからだけではない。

    お客様が私を素直に受け入れてくれているということが大きい。

    どうしてこれだけのことを素直に書いていくのか?!

    それは遊びに来たいと思う人たちとの垣根を取り払うため。

    やっぱりね、一般の人たちにとっては、風俗とかニューハーフとかって怖いんですよね!それに日本人全般に言えることは主体性がないということ。

    だから、その怖さを取り除き優しく誘導してあげなくちゃいけない。だけど そこに嘘偽りがあったら また引きこもってしまう。騙されても、世の中ってそんなもんだよね~ とは割り切れない 心の狭さがあるのが 現代日本人なのよ。

    ここに来て、もっと強い男になるキッカケになって欲しいと思う

    このままじゃ バカ女どもに間違った方向に導かれちゃうからね。それじゃ遅いんだから。先を見て全体のバランスを考えてということは、女には出来ないんだからね。ほとんどの女が戦争反対を訴えるけど、歴史を振り返ってごらんよ。戦争になる根本的な原因を作っているのは 女だよ。始めたのは男かもしれないけどね。だからさ 戦争反対なんて良く言うよって感じ。女どもが教育も社会もダメにしてしまった。

    良き社会を取り戻すには、もう一度男に頑張ってもらわないといけない。だからさ 勉強しよう稼ごうどんな女でも逝かせられるセックステクニックを身に付けよう。女には金とセックスを与えてヌクヌクと暮らさせてあげればいい。女性上位とはそういう意味ですよ。奉っておかないと女は何をしでかすかわかったもんじゃないんだから。

    私の利口な女友達も私と同じことを言う。利口な女はちゃんとわかっている。だから友達も私も女が大嫌い。


    あ~ また話がズレてしまった。

    しかも本音吐きまくりで




    | 必読 | 18:09 | コメント:0| トラックバック:0| トップ↑

    ≫ EDIT

    女性化への第一歩

      (拍手よろしくお願いしますm(__)m )
    IMG_4220.jpg

    珈琲は、

    「適温でゆっくりゆっくり淹れると格別な味になる」

    ドリップするときの湯温85℃くらいと言われています。
    厳密ではないですが、沸騰したお湯を5分くらい冷ましてから挿れています。
    そしてゆっくりとお湯を落とすのです。3分くらいかけて。
    同じ豆とは思えないまろやかで風味のある珈琲が淹れられます。

    珈琲好きの方、埼玉で美味しい豆を扱っているお店をお知りになりたい方
    ここのブログで紹介するのはちょっとあれかな〜と思いますので
    メールで直接お問い合わせいただければと思います。

    IMG_4206.jpg

    さて〜
    昨年から数名の方の女性化女装をサポートしています。
    そんなことから 今日は少し女装女性化について少しお話をします。

    サポートさせていただいている方々は、私よりも少しだけ若い、世間的にはオジサンと言われる人たちです。お話を聞いていて、いろいろと思うところがあったようです。その真剣さに私も心を動かされました。

     実は、年間に数名の方から「私も舞さんのようになりたいです。」というメールをいただきます。ただ、自分で何とかしようという意志を感じられない人が多いものですから、ほとんど対応はしてきませんでした。所謂クレクレグーミンな人たちなんですね。そういう方は、こちらがどんなに親身になって対応したところで自分から切り拓こうということがないのです。個人的にはお金になればよしとするという考え方もできるのですが、私にはそれが出来ません。女性として人生を歩むというのは、かなりの強い意志が必要です。何でも他人に頼ってばかりいる人には到底無理なことなのです。実際、私はそれまでの仕事であるシステム開発の仕事も辞めました。母や兄弟、親戚などとの縁も切らざるおえませんでした。友達に受け入れられなかったらどうしようとか、そういうことも一切考えないことにしました。

     本当の自分を取り戻すためには、それだけの覚悟が必要なんです。

     ですので、相談に来られる方を、私はかなり厳しい目で見ます。まずは、このことをお伝えした上で女性化のお話を進めたいと思います。

     私も他のMTFやニューハーフと同じように現在に至るまでに、それ相応のお金と努力をしてきました。今日は、私が女性化への第一歩を踏み出した女装サロンをご紹介します。

    女装サロン|アルテミス

     横浜にある女装サロンアルテミスです。なぜここを選んだのかというと、スタッフがすべて純女さんということ、風俗的なサービスは一切なかったこと、この2つが大きな理由です。メイクをしてもらって女性の服を来て女子トークをして女装した自分の姿を撮影してもらってというような、基本的なことをこのサロンで学びました。歩き方や立ち姿やショッピングのし方など、すべてどこから見ても女性に見えるようになるためにはどうすれば良いのかということを学びました。

     東京都内にも数店舗の女装サロンがありますが、どれも女装さんやニューハーフさんがやられているお店が多いようです。それではなぜダメだったのかと言いますと、ファッションにしてもメイクにしても女目線ではないんですね。やはり男目線なのです。私にとっては、ちょっと違うと思いました。ハッテン場の延長であったりとか、そういうことも私の求めるものとは違っていました。それはみなカルチャーであってライフではないのです。

     ただ、ここで勘違いしないで欲しいのは、アルテミス女性化するためのサロンではないということ。やはりあくまでも日常を離れて女装を楽しむということに主体をおいているということ。それはことわっておきたいと思います。でも、男女の違いを理解し学ぶにはとても良いサロンではないかと思います。

     そんな女装サロンアルテミスですが、それなりの料金を覚悟しなければなりません。オーナーの楓さんは、とても頭の良い面白い女性で、話題も豊富でいつ行っても楽しませてくれます。何回か通った後は、女装をしに行くというよりも楓さんとお喋りがしたくて行っていたように思います。だから、こんなふうになった今でもたまにアルテミスへ行って楓さんとお喋りしたいな〜と考えたりします。エンジニアをしていたころに比べると収入が激減していることもあって行けてないのですが、今年は一度顔を出したいと思っています。

     そうそう女性化にはお金がかかります。コンピュータエンジニアの私は、けっこうな年収でした。そのことも女性化への道を歩むには有利であったことは否定をしません。アルテミスの楓さんからお聞きした話では、アルテミスへ女装を楽しみ来るお客様で一番多いのがIT関連の人だということでした。女性化を真剣に考えている人、まずはお金を稼ぐことを第一優先にするべきだと私は思います。

     現在私がサポートしている方とは、お泊りコースで対応しています。通常のプレイの基本料金と同じ料金です。

     私が目指す女性とは、どこに行っても恥ずかしくない、男が一緒に連れて歩きたくなるような、そんな女性・女装を目指して指導・サポートしていきます。ですから、本気で取り組むことの出来る人しか受け入れることはしていません。ただ、プレイ上の女装はまた別のお話ですので、その場合は気軽に気負わずお越しいただければと思います。

     お会いする度に少しずつ変わっていくお客様を見ていると微笑ましく、優しく厳しく応援していきたいと思っています。

     今日は、こんなところで終えておきたいと思います。また、気が付いたことをこのブログで書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

    長文・駄文をお読みいただきありがとうございました。それでは、 See you next time!

    女装サロン|アルテミス

    20150120180125051.jpg

    | 女性化 | 21:09 | コメント:2| トラックバック:0| トップ↑

    ≫ EDIT

    想定外

      (拍手よろしくお願いしますm(__)m )
    IMG_4205.jpg

    必読です!

    おはようございます。

    今朝は、栃木県小山でお目覚め

    いきなり、素っぴん眉なし寝ぼけ顔ですみません

    IMG_4215.jpg

    自宅は埼玉にある舞です

    昨年から小山の友達のアパートをデリヘルの待機場所として使わせてもらっています

    この2ヶ月は小山滞在日数も多くなってきました

    そうなるとあまり外食ばかりもしていられないですね

    コンビニやお弁当というはちょっとね

    ということで

    やはり自炊です

    そしてやはり私は玄米です

    玄米、納豆、味噌汁、梅干し

    私の食卓には欠かせません

    若々しい美しさを保つのは

    何と言っても まずは 食事からです

    IMG_4211.jpg

    1日の始まりは 大体朝8時前後

    まずはベッドでiPhone片手にメールや各SNSのチェックして

    スキンケアして、ストレッチしてな感じです

    朝は珈琲 (一日中珈琲だけど)

    お湯を沸かしてちゃんとドリップしますのよん

    ゆでたまご、バナナ、グレープフルーツ

    を食べながらのPC作業

    最初にブログ、ホームページのアクセス解析して

    予約や問い合わせメールへの返信作業

    ここで改めて書いておきますが、
    「ブログは友達が欲しくてやっているわけではありません。
    デリヘルという仕事のためにやっています。わかりますね。
    ブログを書くということも生活のためにやっている舞の仕事
    ということです。もちろん仕事を通じて友達、恋人という関係に
    発展する可能性があることも否定はしません。お互いの利害関係を
    理解した上でしたらお客様とヘルス孃という関係から発展することは
    あるかもしれません。しかし、最初からそのような関係になることはありせん。
    それは私に限らず他の風俗嬢も同じです。」

    こんなことを敢えて言葉にしなければ理解してもらえない社会になって
    しまったということに心が痛みますが、、、、

    そんな中
    「メル友になりませんか?」
    「仲良くしてください」
    などの1行メールも多い最近

    何だか やりきれない気持ちを抑えながら
    そんなメールは「バッカじゃないの?!」とスルー

    昔、こんなメールもありました。
    「すごいキレイですね
    好きでもない男に抱かれてるのがもったいないです。
    もし返事くれるなら携帯アドレスにしかドメインしてるので送れません。
    待ってます」

    ここで私が気になるのは
    「もし返事くれるなら」

    最近モラルハラスメントが話題になっていますね
    恐らく本人は特に考えもなくこのような表現をしているのかと
    「返事くれるなら」なんて わざわざ理る必要がどこにあるのでしょうか?

    「申し訳ないのですが、私のアドレスは携帯アドレス以外からの
    メールは受け取らない設定になっています。このメールへの返信では
    貴方からのメールは受け取れません。ご了承ください。」
    でいいのではないでしょうか?

    今朝はこんなメールも
    「このルックスで51歳って本当ですか?
    何年か前のモノですか?」
    というメールをいただきました。
    この2行だけ。

    毎日のように写真をアップしてるのにね!

    想定外の質問・疑問
    心理
    普通は少しでもサバを読みたい年齢。51歳。
    そこをわざわざ自分から51と訴える

    ということなのだけど、、、、、
    だから
    こういう疑問を持たない、持たせない

    つもりだったけど

    想定外でした


    何気ない言葉の中に、その人の潜在意識が見えてしまいます。
    知らず知らず相手のことを傷つけていたりします。そして人間関係が
    悪くなる。もう少し言葉を発する前に考える癖を付けてみませんか?

    貴方の人生は変わると思います


    話が脱線してしまいましたね

    あとはブログ書いたり、掲示板書いたり

    出会い系サイトの日記も書いたりしています

    そんな午前中を過ごしながらデリヘルの待機

    午後から夜はお客様とのプレイ

    それが舞の毎日です

    そんな舞を少なからず応援してくださる方もいます。
    そんな方々のために毎日がんばる舞です。

    IMG_4206.jpg

    | 必読 | 12:32 | コメント:0| トラックバック:0| トップ↑

    ≫ EDIT

    【必読】お問い合わせについて

      (拍手よろしくお願いしますm(__)m )
    さて最初に
    「舞のブログはしっかりと読まないと損ですよ!」
    とだけお伝えしておきます



    ”男性スタッフではありません。電話メールをされる前に読んでね^^;”
    ”ご予約・お問い合わせされる方は、下記をぜひお読みくださいませ。”


    電話」・「メール」ボタンをクリック、タップした場合に、このページが開くようにしてみました。お手数でも、ぜひお読みくださいませ^^。

    システムページへのリンクは、この記事の最後にあります。

    埼玉&栃木ニューハーフヘルス・レディー舞の寝室

    必読です!

    こんにちは。舞です。

    ブログ、ホームページに舞直通の「電話する」ボタンを設置しております。


    初めての方は、きっと女性のような声を期待想像して電話をされる方も多いかと思います。

    でもね、電話口から聞こえてくるのは、、、、男性の声。

    ほんとに舞さんなの?って思われる方もいらっしゃるようです。

    ほんとに私なんです。

    はい^^;
    埼玉&栃木ニューハーフヘルス・レディー舞の寝室

    自分で言うのも・・・・・ですが・・・・・こんな顔してね・・・・・声とのギャップに・・・・・驚かれるかもしれません。

    でも、すみません、出来るだけ自然体でいたい私は声を作ったりしません。

    私的には、他の女装さんやニューハーフさんの作った女声、喋りにとても違和感を覚えるんですね。

    だから私は素のままでお喋りします。

    ただ声は低く男性のような声ですが、喋り方はふつうにおっとりした女性のような感じです。

    声だけだと戸惑う方もたまにいらっしゃいますけど、実際にお会いすると全然違和感ないと言われます。

    ということで、電話口に出るのは男性スタッフではなく舞ちゃんですので、

    くれぐれもびっくりして電話を切ってしまうことのないようにお願いしますね。

    次にメールでのお問い合わせについてです

    私はキャリアアドレス(携帯メールアドレス)を持っておりません。

    ※キャリアアドレスというのは、@の後の部分が
    docomo.ne.jp
    ezweb.ne.jp
    i.softbank.ne.jp
    などのアドレスのことです

    わかる人には、これでわかると思いますが・・・・

    つまり

    キャリアアドレスからお問い合わせされる場合は

    問い合わせ先のアドレス

    nh.ladymai@gmail.com

    をお客様のキャリアアドレスで受信できるように設定をお願いします


    お客様の方で上記アドレスを受信許可設定されていない場合は

    こちらからお返事を差し上げることが出来ません

    もし設定方法や意味がよくわからないという方はお電話でお問い合わせください

    お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします


    個人的には、特にスマホを利用されている方でしたら、gmailやyahooメールを使用されることをおススメしています

    それは、端末を買い換えたり、乗り換えした時に面倒がないからです

    その理由を書くことは話が長くなりますので控えますが、興味のある方はネットでググったりしてみてくださいね

    あとは舞のところへ遊びに来ていただければ説明いたします^^
    埼玉&栃木ニューハーフヘルス・レディー舞の寝室
    こんなプレーをして、さらに、

    PC、スマホ、インターネットなどのレクチャーもしております^^

    枕営業とは逆パターンな営業スタイルなのでございます

    埼玉&栃木ニューハーフヘルス・レディー舞の寝室

    男として生まれながらも人生途中で女になることを決意した私。そして選んだ仕事がニューハーフヘルスという風俗です。玉竿ありありホルモン注射のみのニューハーフ50歳でございます。東京でのヘルス店勤務も考えましたが、自分スタイルを貫きたく舞が個人で営業しております。どうぞよろしくお願いいたします。

    ニューハーフ風俗は初めてという方は、きっと不安で躊躇されている方も多いかと思います。そんな方のために書いているのが、このブログです。ぜひいろいろとお読みになって少しでも不安が解消されたら幸いでございます。

    ここまで読まれて、それでも舞と会ってみたい、舞とのプレイを堪能してみたいと思われた方は、まずは下記のシステムをご覧いただきシステム(コース・料金など)をしっかりとご確認されてからお問い合わせくださることを願っております。

    | 必読 | 19:12 | コメント:0| トラックバック:0| トップ↑

    ≫ EDIT

    舞は真面目で誠実が売り

      (拍手よろしくお願いしますm(__)m )
    必読です!

    こんにちは。いつもレディー舞のブログを読んでいただきありがとうございます。

    実は私、ニューハーフの世界をよく知りません。ただただ美しくなりたくてニューハーフになりました。

    ヘルスのお仕事を始める前は、誰もが知る某有名日本企業でコンピュータシステムの開発エンジニアをしておりました。そんな経歴の持ち主なので、文章も硬い。基本的に真面目で誠実です。

    現在のお仕事はヘルス嬢。若い男性から素敵なオジサマまでお客様は様々ですが、みなさん紳士的で優しくて好感の持てる男性ばかりです。正直、嫌なお客様にはひとりも出会ったことがありません。ヘルス嬢になる前は、とても不安でした。でも今はやって良かったと思っています。お客様との一時にとても幸せを感じております。

    でもなぜヘルスのお仕事を選んだのか?Pを舐めるのも大好きで、アナルを責められるのも好き。でも一番の理由は男性に抱かれることで自分の女性らしさを最大限に引き出したかったら。男性が喜んでくれることをしてあげることで女性の幸せを感じたかったから。

    P2250057.jpgそしていくつになっても女性的な美しさを保っていたい。

    たぶん今までのニューハーフ像とは違う、異色のニューハーフ?新種のニューハーフ?なのかもしれません。

    私はお笑い芸人のようなニューハーフにはなれません。最近の一億総お笑い芸人のような日本もどうかと思いますし・・・。

    私は、女性ホルモンとレーザー脱毛以外は何もやっていません。豊胸もしていませんし、整形もしていません。玉も竿もまだあります。

    できるだけ素のままで美しくありたい。私の拘りです。

    姿も振舞も性格もすべてがバランスよく美しくありたい。それが私の願いです。

    そして恐れ多くも理想は皇后美智子様。


    しかし、その真面目で誠実な表面からは想像できないベッドでも乱れ様、激しいプレイ。それが舞のもうひとつの顔。

    そういう大きなギャップを楽しむ舞です。

    これからもどうぞよろしくお願いします。


    ニューハーフヘルス・レディー舞の寝室へのご予約・お問い合わせについては下記ページをご覧くださいね。




    | 必読 | 18:18 | コメント:2| トラックバック:0| トップ↑







    Facebookページにも「いいね!」してくださいね。よろしくお願いします。



    Google+ページもあります。こちらもフォローよろしくお願いします。


    | PAGE-SELECT |

    Google+